小学校から大学までの学校向けオンライン健康相談サービス

医師・心理士がいつでも
1人1人の生徒をメンタルサポート

  • 生徒の悩みや不安を専門家が整理
  • 不登校・引きこもりを未然に防ぐ
  • 学校現場に詳しい医師・心理士

新しい時代の
学校向けメンタルヘルスケア

導入校の声

予想を超える効果に喜びの声
いただいております

桐生第一高等学校

保護者との連携が
実現しています

スマホがあれば自分の部屋から専門家に相談できるので、保健室やスクールカウンセラーに加え、生徒が安心して相談できる選択肢を増やすことができました。 保護者の方のご利用も多く、ご家庭との連携を密にした生徒サポートを実践しています。

吉田学園

問題を抱え込む学生が
減りました

生徒が一人で悩みを抱え込むと問題は大きくなり退学に至るケースがあり、そんな学生の受け皿をつくれないかと考えたのが導入のきっかけです。 コロナ禍においてもオンライン形式の相談サービスは大変有効なため、保護者の方にもご利用枠を広げています。

花鶏学苑

生徒の支援状況を
共有できる!

Welcome to talkは、Web上で健康相談の予約状況・履歴の把握できるので通院報告がない二重支援や医療機関につなげても通院されないという事態を防止できます。
学校も携わりながらしっかりメンタルヘルスケアができる点が気に入っています。

Welcome to talkとは?

教育機関に特化した
国内初
オンライン健康相談サービスです

学校で
こんなお悩みはありませんか?

専門の医師心理士による
オンライン相談窓口を設けて
すべて解決!

生徒は空き時間に好きな場所で
オンライン相談を受けられます
管理画面から生徒のこころの
状態や
相談状況を把握できます
医師・心理士による報告書を
生徒指導に活かせます
生徒が悩みや不安を話しやすい環境をつくり
先生の業務負担を軽減します

動画で見るWelcome to talk

Welcome to talkの
「オンライン健康相談とは」
利用者・医師が語る
「Welcome to talkを使うきっかけ」

まずはサービスを
無料で試してみてください

Welcome to talk事務局がサービスについてご案内。気になる点や、課題に応じた活用方法などもお答えします。

生徒のメンタルヘルスケアに必要な機能が"すべて"ここに!

生徒1人1人の
こころの健康状態を把握

生徒がどのような悩みを抱え、どのような心理状態かを把握することで、課題への携わり方や生徒への接し方について対策を考えることができます。

医師・心理士が早期支援
医療連携やこころの不調に関する
悩みを解決

こころの病や子どもたちのメンタルヘルスに精通した専門家スタッフが、相談のなかで生徒個人の状態に応じた医学的助言や受診の判断基準を確認します。

報告書を通じて
生徒指導などのアドバイス

医師・心理士から学校へ、生徒のこころの状態によって1か月の経過観察・2週間後に再カウンセリングなど具体的なアドバイスを行います。

教職員と保護者が同じ目線に立ち
生徒の悩みについて考える

健康相談の報告書をもとに、生徒の健康状態を把握しながら、家庭でもできることについて保護者と一緒に考えることができます。

教職員間の
コミュニケーションが円滑に。
メンタルヘルスの対策を強化

生徒対応に関する教職員間のコミュニケーションが円滑になるため、メンタルヘルスケア対策とアクションにつながりやすくなります。

Welcome to talkの特徴

学校で
こんなお悩みはありませんか?

生徒
  • モヤモヤしてとにかく気持ちを吐き出したい。誰かに話を聞いてほしい。
  • 友人関係や対人関係に悩んでおり、先生にも相談しづらい。
  • 人目を気にして相談できない。保健室に行けない。
教職員
  • 生徒1人1人と向き合いたいけど、ほかの仕事に追われて時間が取れない。
  • 生徒のこころの問題にどのように向き合えばいいかわからない。
  • クラスでいじめをした生徒への対応がわからない。
  • 保護者に生徒の様子をどのように伝えていいかわからない。
保護者
  • 子どもが何に苦しんでいるかを知りたい。
  • 思春期の子どもとの関わり方がわからない。
  • 子どもの様子が変だが、誰に相談してよいかわからない。

教職員・保護者も利用可能!
生徒のメンタルヘルスを環境から改善していきます

医師・心理士→保護者→生徒
  • 子どものこころの悩みや不安がわかる
  • 親子間のコミュニケーションを改善
  • 学校や医師・心理士と連携しながら、
    子どもをサポート
医師・心理士→教職員→生徒
  • 生徒の注意すべき行動やSOSサインが
    わかる
  • 生徒の悩みや不安を把握できる
  • 報告書を用いて保護者対応をスムーズに

生徒のこころの不調について
早期発見・早期支援できる環境を
教職員・保護者と一体となって行います

Before & After

生徒への対応体制が大きく変わります

Before (導入前) After (導入後)
メンタル
ヘルスケアの
サポート体制
  • 保健室
  • 養護教論
  • クラス担任
  • 内科系の校医
    (数回/年)
  • スクールカウンセラー
    (1回/週)
  • 保健室
  • 養護教論
  • クラス担任
  • 内科系の校医(数回/年)
  • スクールカウンセラー
    (1回/週)
精神科医
児童精神科医
臨床心理士
公認心理師
教員が
求められる
役割
教員が生徒指導や保護者対応を抱え込む 専門家スタッフの報告書を参考に生徒指導や保護者対応が可能に
生徒の
相談状況
固定カウンセラーに悩みを打ち明ける

放課後等に対面(保健室などで実施)

自分の問題が病気か否か話すだけでわからない
複数の医師・心理士から話したい人を選べる

好きな時間に好きな場所でスマホ1つで相談可

医学的要因か環境的要因かの正確な判断ができる
利用者 生徒 生徒・保護者・教職員
相談方法 対面(保健室など) オンライン
相談時間 週に1回/数時間 平日13:00~22:00

導入までの流れ

  1. ヒアリング

    導入背景や利用規模をお伺いした後、お見積もりをご提示いたします

  2. ご契約

    ・利用規約等のご確認
    ・お申込み内容のご決定
    ・契約書の締結

  3. 利用準備

    ・学校管理者のご決定
    ・学校管理サイトの設定
    ・各種マニュアル

  4. WEB
    オリエンテーション

    ・テスト接続
    ・予約手順のご説明
    ・学内周知

  5. 利用開始

    ・お申込受付
    ・利用者サイトのご案内
    ・承諾書のご説明

まずはサービスを
無料で試してみてください

Welcome to talk事務局がサービスについてご案内。気になる点や、課題に応じた活用方法などもお答えします。

よくある質問

ICTを活用した、学校向け(小学校・中学校・高等学校・フリースクール・専門学校・短期大学・大学)のオンライン精神医療相談サービスです。導入校の生徒・保護者・教職員のみなさまは、スマートフォンやタブレットからこころの専門家(医師・心理士)に悩みや不安を相談できます。

健康相談が終わると、担当の医師・心理士より学校管理者様宛に「報告書兼意見書」を提出いたします。次のステップについてご提案を行います。
[例]約1か月の健康観察、約2週間後に再カウンセリング、医療連携 etc.

また、学校生活における健康観察で注意すべきポイントをお伝えします。但し、相談者の方が安心してご利用いただけるよう、細かな相談内容については記載しておりません。

Welcome to talk オンライン健康相談では、一般的な医療情報の提供や受診の勧めに留まり、個別の状態に合わせた診断や診療は行っていません。 但し、専門家スタッフが対応することから、子どもたちの心身の状態に応じた必要な医学的なアドバイスを行います。 こころの専門家が、学校生活や生徒指導、家庭生活でのお困りごとや、次に気をつける症状、受診のタイミング等について相談に応じています。

本サービスの性質上、契約者は学校や⾃治体に限定しており、学校または⾃治体からのお申し込みが必要となります。 導⼊校の⽣徒、保護者、教職員のみなさまは費⽤負担なく利⽤することができます。

小規模からでも利用できるよう、ご利用回数に応じた従量課金制(年間契約)を採用しています。 さらに、使い切れなかった残りの回数は、更新手続きにより次年度に持ち越すことができます。

詳細については、お問い合わせフォームよりご連絡ください。